AsteRx SB

AsteRx SBは、コンパクトで堅牢なIP68ハウジングに卓越したRTK性能と柔軟性を一体化させた、独自の技術の組み合わせです。高度なテクノロジーを備えたマルチコンステレーション、3周波対応により、特許取得済みのクワッドコンステレーション測位による強力なパフォーマンスを保証し、高い精度と信頼性を実現します。      

画像

AsteRx SB septentrio GNSS receiver

主な特長

  •  クワッドコンステレーション、多周波対応、オールインビュー方式RTK測位
  •  堅牢でコンパクトなIP68全天候型ハウジング
  •  AIM+ 干渉のモニタリングと低減を可能にする独自システム
  •  ベース&移動体一体化オペレーション
  •  Bluetooth通信、WiFi通信、イーサネット通信、シリアル通信、USB通信
  •  Webユーザーインターフェースによる容易な操作
  •  容易な組み込みを可能にするオープンインターフェース

GNSS+ツールキット - 困難な環境を適切な位置に変換

起伏の多い地形によって引き起こされる機械的な振動や衝撃は、衛星追跡に大きな混乱をもたらす場合があります。LOCK+は、AsteRx SBの追跡ループのパラメータを自動的に調整するため、位置を見失うことがありません。 

電離層での動作は、RTKのFix解の喪失や信号ロックの完全喪失など、GNSS信号に問題を引き起こします。当社は地球上で最も電離層シンチレーションが頻繁に発生する地域でアルゴリズムを強化し、その結果、あらゆる受信機のGNSS信号への電離層擾乱に対する先進的な保護、 IONO+を開発しました。

金属や近接した大きな構造物はGNSS信号を反射し、マルチパスを生成する場合があります。APME+ システムは、直接信号と反射信号を分離し、観測と測定の品質を向上させます。APME+はバイアスフリーで、最大限のコンフィギュアビリティを確保するというセプテントリオの取り組みに基づき、無効化することが可能です。

AIM+ アンチジャミングおよびとRFスペクトラムモニタリングシステム 

画像

Spectrum

AIM+ は、高度なサンプリングシステムと低減メカニズムを使用した、意図的および偶発的なジャミングに対する保護機能を内蔵しています。AsteRx SBは、シンプルで連続的な狭帯域信号からより複雑な広帯域のパルス送信機、さらにはインマルサットやイリジウム衛星による通信まで、幅広いタイプの干渉を抑制することができます。 

直感的なWebユーザーインターフェース

画像

AsteRx SB web interface

AsteRx SBには、容易な操作とモニタリングを実現する、直感的なWebユーザーインターフェースが含まれており、あらゆるモバイルデバイスやコンピューターから受信機を操作できます。 また、Webインターフェースは、仕事をしながら受信機の動作を監視するのに理想的な、読みやすい品質インジケーターを使用しています。    

容易な操作 

画像

AsteRx SB septentrio GNSS receiver front panel

背面パネルには、強力な接続性を実現するオプションをご用意しています。AsteRx SB PRO Connectバージョンには、堅牢なプロフェッショナルODUコネクターを使用したUSB通信、シリアル通信、Bluetooth通信、WiFi通信が含まれています。AsteRx SB Wirelessバージョンは、ワイヤレス通信 (Wi-FiおよびBluetooth) またはベーシックなUSB通信を使用する柔軟性の高い用途向けのエントリーモデルとして最適です。    

画像

AsteRx SB septentrio GNSS receiver rear panel

信頼性に優れた高精度GNSS測位が必要なあらゆる用途に: 

画像

AsteRx SB septentrio GNSS receiver rear panel
AsteRx SB

詳しくは、製品データシートをご覧ください