Altus NR3

Altus NR3は、使いやすいクワッドコンステレーション対応多周波RTKと比類のない通信ツールセットを組み合わせることで、測量やGISプロジェクトを確実に成功へと導きます。洗練されたコンパクトなデザインに、最先端のGNSSと無線技術が組み込まれています。

画像

Altus NR3 Septentrio GNSS receiver
Altus NR3

主な特徴

  • 堅牢性に優れた軽量ポータブルGNSS受信機
  • クワッドコンステレーション、多周波対応、オールインビュー方式RTK測位
  • AIM+ アンチジャミングおよびモニタリングシステム
  • 容易なセットアップとワンタッチによるロギング
  • ベース&移動体一体化オペレーション

AIM+ アンチジャミングおよびモニタリングシステム

AIM+は、高度なサンプリングシステムと低減メカニズムを使用した、意図的および偶発的な電波妨害に対する保護機能を内蔵しています。Altus NR3は、シンプルで連続的な狭帯域信号からより複雑な広帯域のパルス送信機、さらにはインマルサットやイリジウム衛星による通信まで、幅広いタイプの干渉を抑制することができます。 

画像

Spectrum

GNSS+ ツールキット

精度の低い観測値を適切な位置に変換するセプテントリオのアルゴリズム群

起伏の多い地形によって引き起こされる機械的な振動や衝撃は、衛星追跡に大きな混乱をもたらす場合があります。Lock+ は、Altus NR3の追跡ループのパラメータを自動的に調整するため、位置を見失うことがありません。 

電離層の活動は、RTKのFix解の喪失や信号ロックの完全喪失など、GNSS信号に問題を引き起こします。当社は地球上で最も電離層シンチレーションが頻繁に発生する地域でアルゴリズムを最適化し、その結果、あらゆる受信機のGNSS信号への電離層擾乱に対する最も先進的な保護、IONO+を開発しました。

金属や近接した大きな構造物はGNSS信号を反射し、マルチパスを発生する場合があります。APME+システムは、直接信号と反射信号を分離し、測位と観測の品質を向上させます。APME+はバイアスフリーで、最大限のコントローラビリティを確保するというセプテントリオの取り組みに基づき、無効化することが可能です。

詳しくは、製品データシートをご覧ください