AsteRx-m2 UAS

AsteRx-m2 UASは、UASアプリケーションへの組み込み用途に設計されたGNSS受信機で、超低消費電力とセンチメートルレベルのRTK測位を提供します。PixhawkとArduPilotへの標準的な接続部と6~30Vの幅広い電源入力、およびカメラのシャッターイベントに正確にタイムスタンプを追加するイベントマーカー入力を備えています。   

UAS向けに設計

AsteRx-m2 UASは、あらゆるシステムに容易に組み込みできるよう設計されています。標準コネクターはオートパイロット (Pixhawkなど) に直接接続でき、6~30 Vの幅広い入力電力範囲により車両の電源バスから直接電力を使用することができます。     

干渉に対するロバスト性 

AsteRx-m2 UASは、市場で最も高度なオンボード干渉回避テクノロジー、AIM+を採用しています。シンプルで連続的な狭帯域信号から最も複雑な広帯域パルスジャマーまで、多種多様な干渉を抑制することができます。RFスペクトラムは、時間領域と周波数領域の両方でリアルタイムに表示が可能です。     

GCPが不要

AsteRx-m2 UASは、GeoTagZ ソフトウェアおよびそのPPK (後処理キネマティック) オフライン処理用SDKライブラリとシームレスに連携します。これにより、地上基準点やリアルタイムデータリンクを必要とせずにRTKの精度が得られます。  

超低電力設計

AsteRx-m2 UASは、市販されている同等のデバイスの中で最も消費電力の低いRTK測位を実現します。  

主な特徴

  • マルチコンステレーション、多周波対応、オールインビュー衛星追跡 
  • リアルタイムデータリンクの有無にかかわらず、センチメートルレベルの測位精度 (RTK) を提供 
  • AIM+ 独自アンチジャミングシステム
  • カメラシャッターの同期
  • ArduPilot/Pixhawk対応プラグ

 

下記をご記入の上データシートをダウンロード