AsteRx-i S

AsteRx-i Sは、IMU測定を用いてデュアルアンテナ多周波AsteRx GNSS受信機からの高品質データを処理し、正確で信頼性のある位置と方向を割り出します。   

AsteRx-i S

主な特徴

  • IMUで強化された、センチメートルレベルまでの正確で信頼できるGNSS測位  
  • フル姿勢 - ヘディング、ピッチ、ロール
  • 超軽量、低電力、小型
  • AIM+ 干渉のモニタリングと低減を可能にするシステム 
  • 高更新レート、低遅延測位、姿勢 
  • 広範な温度範囲に対応する堅牢性に優れたキャリブレーション

サイズ、重量、消費電力の厳しい要求に合わせて設計されたAsteRx-i Sは、UAVによる検査、UAS写真測量、自動化、ロボット工学、物流などの用途に最適です。  

GNSS+ツールキット - 困難な環境を適切な位置と方向に変換

正確で信頼性に優れたクワッドコンステレーション対応多周波周RTKは、パワフルなGNSSとINSとの統合により、さらに強化されています。最適なパフォーマンスを実現するセプテントリオのGNSS+ツールキットとデュアルアンテナGNSSヘディング初期化により、AsteRx-i Sは信頼性の高いPOI (point of interest) の3D姿勢と測位を提供します。

AIM+ アンチジャミングおよびとRFスペクトラムモニタリングシステム 

画像

Spectrum

AIM+ (高度干渉監視・回避) は、高度なサンプリングシステムと低減メカニズムを使用した、意図的および偶発的なジャミングとスプーフィングに対する保護機能を内蔵しています。AsteRx-i Sは、シンプルで連続的な狭帯域信号からより複雑な広帯域のパルス送信機、さらにはインマルサットやイリジウム衛星による通信まで、幅広いタイプの電波干渉を抑制することができます。  

直感的なツールとWebユーザーインターフェース

画像

GUI Animated

独自の低消費電力設計

画像

セプテントリオの中核であるハードウェアテクノロジーにより、AsteRx-i Sは、低消費電力における市場リーダーとしての地位を確立しています。通常消費電力1.5 W、総重量38g (IMU + GNSS受信機) のAsteRx-i Sは、スペースとペイロードが重視されるUAVに理想的です。  

柔軟性

画像

AsteRx-i S placement

AsteRx-i Sは、GNSS受信機とは別にIMUを柔軟に配置できるため、組み込みスペースが限られている場合でもスペースを最大限に活用できます。デザインの汎用性とさまざまな接続インターフェースにより、自動化、ロボット工学、物流まで、幅広い適用性を実現します。

画像

AsteRx-i Industries

 

詳しくは、製品データシートをご覧ください