AsteRx-i S UAS

AsteRx-i S UASは、無人航空機システム(UAS)への容易な組み込みを念頭に専用設計されたGNSS/INS受信機です。   センチメートル単位のRTK測位と 3次元姿勢を提供します。サードパーティインテグレーションに対応する44ピンコネクターと、カメラシャッターイベントに正確なタイムスタンプを付与するイベントマーカー入力を備えています。

 

主な特徴

  • IMUで強化された、センチメートルレベルまでの正確で信頼できるGNSS測位  
  • フル姿勢 - ヘディング、ピッチ、ロール
  • 軽量、低電力、小型
  • AIM+ 独自の干渉回避・監視システム + 高度 GNSS+ アルゴリズム
  • 高更新レート、低遅延測位、姿勢 
  • 広範な温度範囲に対応する堅牢性に優れたキャリブレーション
  • カメラシャッターの同期

より一般的な統合向けのOEMボード、AsteRx-i Sもあります。 

小型、高い汎用性

AsteRx-i S UASは組み込みが容易なオンボード IMUを搭載しています。ただし、ユーザーはこのIMUをテザーして、他の拠点にインストールすることも可能です。 小型で軽量、低電力のAsteRx-i S UASは、エリアルデバイスのバッテリーライフを最適化するように設計されました。   

UAS向けに設計

AsteRx-i S UASは、あらゆるUASに簡単に組み込めるよう設計されています。4.5~30Vの幅広い入力範囲により、UASパワーバスから直接受信機に給電することが可能です。 イベントマーカーはカメラシャッターとGNSS時刻を正確に同期できます。 AsteRx-i S UASは、サードパーティインテグレーションに対応する44ピンコネクターにより、既存のプラットフォームに容易に組み込むことができます。

GNSS+ テクノロジーは困難な環境で正確な位置と方位の取得を実現 

セプテントリオの多周波、マルチコンステレーション対応の高精度・高信頼性RTKは、パワフルなGNSS/INS統合によりさらに強化されています。セプテントリオのGNSS+ アルゴリズム の優れたパフォーマンスを活かし、AsteRx-i S UASはその地点の信頼性の高い3次元姿勢と測位を提供します。

干渉に対するロバスト性 

AsteRx-i S UASは、  AIM+高度干渉回避・監視を搭載し、高度なサンプリングシステムと回避メカニズムを使用して意図的または意図的でない電波妨害やスプーフィングを防ぐ保護機能を内蔵しています。ロボティクスデバイスでは、周辺電子機器がGNSS信号に干渉する電波放射を発することがあります。AIM+はそのような干渉を防ぎ、設定にかかる時間の短縮とロバストな連続動作を実現します。

画像

Spectrum

 

超低電力設計

AsteRx-i S UAS は、市販されている同等のデバイスの中で最も消費電力の低いINS測位を実現します。熱放射が低減され、組み込みが容易となり、1回のバッテリー充電で長時間の動作が可能となります。

画像

直感的なツールとWebユーザーインターフェース

画像

GUI Animated

下のリンクから製品データシートをダウンロードいただけます。