PolaRx5e

PolaRx5eは、IP68準拠のGNSSリファレンス受信機で、バッテリーを備えています。PolaRx5と同等のGNSS性能を提供します。 

PolaRx5eは、多目的に利用できる堅牢な多周波GNSSリファレンス受信機です。独自の追跡設計は、絶えず電離層干渉やマルチパス、その他の環境影響に対するモニタリングと保護を行うとともに、市場で最もノイズの低い観測を提供します。 

PolaRx5eは、地球科学コミュニティにとって最も要求の厳しいアプリケーションをサポートするために開発されており、最大限の精度と機能性を可能にする、選りすぐりの高度な機能を提供します。セプテントリオの次世代多周波エンジンを搭載したPolaRx5eは、堅牢で高品質のGNSS追跡を実現する544のハードウェアチャンネルを提供します。また、現場で実証されたセプテントリオのAdvanced Interference Mitigation/高度干渉回避 (AIM+) テクノロジーにより、強力なパルス信号を介した狭帯域信号からチャープジャマーやイリジウム干渉まで、意図的な無線干渉源と偶発的な無線干渉源、両方の除去が可能です。   

バイアスを生じさせず遅延距離の短いマルチパスを除去する、セプテントリオ独自の特許取得済みAPME+マルチパス低減テクノロジーは、卓越した測定品質を保証します。ユーザーは、必要に応じてAPME+を有効にすることも、無効にして元の測定値を取得することもできます。

第三者機関の試験により、PolaRx5eは、最も少ないサイクルスリップ数や2Wをはるかに下回る最低消費電力など、測定品質の多くの分野において、一貫してGNSS受信機の中で最高水準にあることが示されています。 

PolaRx5e

主な特徴

GNSS性能は、PolaRx5の性能と同一です 

  • GNSS可視信号すべてを追跡 (GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou、IRNSS)
  • 高精度、低ノイズ測定
  • 独自の干渉モニタリング
  • パワフルなWebインターフェースとロギングツール
  • 堅牢なハウジングと複数のインターフェース
  • 最大8つの独立したロギングセッション
  • 内部ロギングと外部デバイスへのロギング
  • >24時間の自律動作を実現する内蔵バッテリー (PolaRx5eのみ)
  • IP68準拠 (PolaRx5eのみ)  

 

下記をご記入の上データシートをダウンロード