AsteRx-m2 Sx

そのまま設定なしで常時正確な測位を提供  

高精度GNSSに対する独自のアプローチを採用するAsteRx-m2 Sx。そのまま設定なしで常時正確な測位を提供します。追加の補正情報サービス、サブスクリプション、メンテナンスは不要です。このロバストなOEM受信機ボードは、収束時間を高速化し、サブデシメートル単位の測位を提供します。これは、セプテントリオ最新のコアGNSSテクノロジーにPPP-RTK高精度補正情報サービスを組み込むことで実現しました。

主な特徴

  • そのまま設定なしで常時正確な測位を提供
  • 使いやすい独自の製品、5年間は追加のサービスサブスクリプションが不要
  • 高速収束
  • サブデシメートル単位のPPP-RTKサービスがアメリカ合衆国とヨーロッパ全域で利用できます(詳細は対象エリアマップを参照)。PPP-RTKは、準RTK精度と初期化にかかる時間の高速化を組み合わせた、独自の最新世代型GNSS補正情報サービスです。
  •  AIM+ テクノロジーと高度GNSS+ アルゴリズムによる高度アンチジャミング、アンチスプーフィング
  • 業界をリードする 超低電力 とSWaP最適化

画像

Septentrio-AsteRx-m2-Sx-features-web.png

 

干渉に対するロバスト性

画像

Spectrum

AsteRx-m2 Sx は、市販されている中で最も先進的な高度オンボードアンチジャミングテクノロジー、セプテントリオの AIM+ テクノロジーを搭載しています。AIM+は、シンプルで連続的な狭帯域信号から最も複雑な広帯域パルスジャマーまで、多種多様な干渉を抑制することができます。無線周波干渉は、「ジャマー」と呼ばれる不正なデバイスまたはシステムに密に統合された周辺電子機器によって引き起こされることがあります。無線周波(RF)スペクトラムは、時間領域と周波数領域の両方でリアルタイムに表示が可能で、干渉源の推測に役立ちます。

SWaP最適化

AsteRx-m2 Sxは、市販されている同等のデバイスの中で最も消費電力の低いRTK測位を実現します。SWaP(サイズ・重量・電力)を最小限に抑えることにより、1回のバッテリー充電で長時間の動作が可能となり、現場における価値が向上します。

困難な環境下で優れたパフォーマンスを発揮するGNSS+

機械振動や衝撃は衛星追跡に影響を大きな影響を与えることがあります。 LOCK+ は、自動的にAsteRx-m2 Sx受信機のパラメータを調整するため、測位を失うことはありません。

電離層の活動は、RTKのFix解の喪失や信号ロックの完全喪失など、GNSS信号の問題を引き起こします。当社は地球上で最も電離層シンチレーションが頻発する地域における応用をサポートし、技術を精練してきた結果、  あらゆる受信機のGNSS信号への電離層擾乱に対する最も先進的な保護、  IONO+を開発しました。

近隣にある金属製の大きな構造物は、GNSS信号を反射してマルチパスを生成することがあります。 APME+ システムは、直接信号と反射信号のもつれを効果的に解き、測位と観測の質を向上させます。 

容易な組み込み

AsteRx-m2 Sx には、インターフェース、コマンド、データメッセージの詳細マニュアルが付属しています。 GNSS受信機の制御・分析ソフトウェア、 RxTools が搭載されており、受信機の設定、モニタリング、データロギング、分析が可能です。

直感的なウェブユーザーインターフェース

画像

Intuitive web user interface

高精度GPSリファレンス受信機は、操作、監視を容易にする直感的なウェブユーザーインターフェースを搭載しているため、モバイルデバイスやコンピューターから受信機を操作することが可能です。また、このウェブインターフェースは、読み取りやすい品質インジケーターを使用しているため、作業しながらの受信機動作の監視に最適です。

信頼性に優れた高精度GNSS測位が必要なあらゆる用途に: 

画像

Septentrio-AsteRx-m2-Sx-applications-web

下のリンクから製品データシートをダウンロードいただけます。