SECORX-S

高速・高精度のPPP-RTK補正情報サービスを組み込んだGNSS受信機

SECORX-Sは、そのまま設定なしで常時正確な測位を提供する当社独自の画期的な製品ラインです。手のかかる作業は不要。製品のライフタイムを通して高信頼性のサブデシメートル単位の測位を利用できます。補正情報サービスのサブスクリプションとメンテナンスは一切不要になりました。高速・高精度の補正情報サービスを組み込んだ当社最新のGNSS受信機技術を採用し、便利で使いやすい高信頼性の測位を実現しています。

主な特長

  • 設定なしでそのままサブデシメートル単位の正確な測位を利用可能、追加サービスのサブスクリプションやメンテナンスは一切不要
  • わずか数秒の高速収束
  • 製品のライフサイクル(5年間)を通してピンポイントの精度を提供
  • GNSS+ アルゴリズムスイートと AIM+ 独自のアンチジャミング技術
  • イントラネット (NTRIP) またはアメリカ合衆国とヨーロッパのLバンドサテライトから補正情報を受信

当社の受信機は、複数の周波数信号と複数の衛星系を活用する本格的な技術により、利用可能なすべてのGNSS衛星系(米国のGPS、欧州のGalileo、ロシアのGLONASS、中国のBeiDou、日本のQZSS、インドのNavICなど)にアクセス可能です。セプテントリオの実証済みのアルゴリズムが、この多種多様な信号を利用し、困難な環境で最大の測位可用性とロバストな運用を実現します。

その他の特長

  • Sapcorda SAPA PPP-RTK高精度補強サービスによる補正情報
  • 業界をリードする低電力消費

補正情報サービス対象エリア

画像

Septentrio SECORX-S-correction-services-cover-area-EU

                                                           ヨーロッパにおけるSECORX-S補正情報サービス対象エリア
                                                           >>、最新対象エリア  こちらをクリック

画像

Septentrio SECORX-S-correction-services-cover-area-US

                                             アメリカ合衆国におけるSECORX-S補正情報サービス対象エリア
                                            >>  最新版こちらをクリック

PPP-RTKとは? 

PPP-RTK(通称SSR)は、準RTK精度と初期化にかかる時間の高速化、PPPのブロードキャストの特徴を組み合わせた最新世代型GNSS補正情報サービスです。リファレンスネットワークが、約150 km(100マイル)間隔の各局を通じてGNSSデータを取得し、測位補正モデルを計算します。   この補正情報がインターネット、衛星または通信サービスを介して地域内のサブスクライバーにブロードキャストされます。  サブスクライバーとなる受信機は、ブロードキャストされた補正モデルを使用して、その位置に関する補正情報を推測し、サブデシメートル単位の精度を実現します。    

画像

Septentrio-SSR-RTK-PPP-GNSS-Correction

 

製品 

 

関連情報

関連ウェビナー 
2020年7月8日開催のウェビナー録画を見る