鉄道

世界中の鉄道システムは自動化に向かっています。半自動運転または全自動運転の電車は、秒刻みのサービスを提供でき、エネルギー使用の最適化や鉄道の安全性向上を可能とします。電車の正確な位置、速度、方向の把握は、スマート鉄道を可能とする重要な要素です。

このウェビナーでは、BNSF RailwayとセプテントリオのGPSエキスパートが、GPS/GNSSセキュリティの知識を共有します。トピックには、サイバーセキュリティ、電波妨害、スプーフィングが含まれます。このウェビナーは、GPS World Magazineによって録画されました。

 
 

鉄道の安全性は、乗客や保線作業者にとって最も重要です。 ポジティブトレインコントロール(PTC)と欧州列車制御システム(ETCS)はどちらも、緊急時の自動ブレーキによって鉄道の安全性強化を目指しています。複数の線路が隣接する場合、電車がどの線路を走っているのかを正確に把握するためには、高精度・高信頼性の測位が重要となります。

 

鉄道の近代化には、地上子と銅線からより精度の高いロバストな測位ソリューションへの交換が含まれます。多周波、マルチGNSS受信機は、岸壁の側や森林などの困難な環境やアラスカのような遠隔地を走行しているときでも、信頼性の高いセンチメートル単位の測位を提供することが実証されています。

 

リファレンス局の受信機は、測位をセンチメートル単位の精度に増強するために、GNSS補正情報をローバー受信機に送信します。セプテントリオGNSS受信機は、ポジションリファレンスモジュールの一部で、アメリカ合衆国の一級鉄道に展開され、使用されています。

 

線路のマッピングと点検は、マルチセンサー搭載の高速マッピングシステムによって実施され、単一パスで輸送インフラ管理用のデータが収集されます。セプテントリオの超低遅延、高更新レートのGNSS受信機は、マルチセンサー式データ取得システムの中核となります。

 

GPS/GNSS+INSシステムは、正確な測位情報に加えて、正確な3次元方位(ヘディング、ピッチ、ロール角度)を提供します。

輸送ローカライゼーションにおいて、セキュリティは常に最重要事項です。このウェビナーでは、BNSF RailwayとセプテントリオのGPS/GNSSエキスパートがサイバーセキュリティ、電波妨害、スプーフィングについて議論します。