ウェビナー - GNSSハッキング、衛星信号からハードウェア/ソフトウェアのサイバーセキュリティまで

内容

測位・航法・タイミング(PNT)信号の喪失やハッキングは、送電線や通信ネットワークなどのインフラだけに限らず、GNSSテクノロジーに動作を大きく依存する自律型デバイスなどにも壊滅的な影響をもたらす恐れがあります。このウェビナーでは、信号のハッキングからファームウェアのハッキングにいたるまで、GNSSシステムの各セキュリティ脅威について確認するとともに、ユーザー側とGNSSシステムのロバスト性を高めるために実装される宇宙サイバーテクノロジーについて取り上げます。LS Consulting社、 BNSF Railway Co.社からゲストスピーカーを迎えています。   

5つの主な学習成果

  1. GNSS受信機システムにおける重要なセキュリティ事項。
  2. スプーフィングに対処するためのGNSS信号のアップデートとロードマップ: OSNMA & Chimera。
  3. GNSSサービスの保護、強化、アクセス拡大の方法。
  4. 信頼できないGNSSテクノロジーを使用した場合のアプリケーションのリスク
  5. GNSSに依存する応用分野の保護に使用されるネットワークと受信機テクノロジー

スピーカー

  • Gustavo Lopez(セプテントリオ社マーケットアクセスマネージャー)
  • Logan Scott(LS CONSULTING社社長)
  • Jim Barrett( BNSF RAILWAY CO.社シニアコンサルティングシステムエンジニア)
  • Wim De Wilde(セプテントリオ社シニアシステムエンジニア)

 

以下に詳細をご入力の上、当社の 無料オンデマンドウェビナーの動画とスライドをご覧ください。