ウェビナー - GNSS補正情報について

画像

Webinar-on-Demand-GPS-Corrections-Demystified

 

内容 

GNSS受信機は、外部の補正情報に基づいてGNSSエラーを発生させたさまざまな欠陥を補正し、デシメートル単位またはセンチメートル単位の精度を達成します。 GNSS補正に関する知識がない方も、海洋ナビゲーションの専門家や自動車メーカーの方も、海洋産業や自律システムの関係者の方も、このウェビナーを通してGNSS補正における最新の進展について学び、適切な選択とは何かを理解することができます。Sapcorda社、Fugro社、Lear社、PointOne社からゲストスピーカーを迎え、各社が衛星や大気によるエラーをどのように取り扱っているのかについて直接学ぶことができます。

5つの主な学習成果

  1. 工業・海洋産業の自律応用における補正情報サービスの動向を知る
  2. 利用可能な補正情報サービス違いを理解する。
  3. 海洋産業が精度ロバスト性をどのように保証しているのかを学ぶ。
  4. 各社が自律走行車両や新しい自律応用分野において補正情報の完全性高精度配信をどのように保証しているのかについて学ぶ。
  5. PPP、RTK、RTK-PPP、SSRなどの測位モードの価値補正情報サービスの役割を理解する。

スピーカー

  • Hans Visser (  FUGRO-MARINESTAR社、測量技師)
  • Adam Hillier ( LEAR CORPORATION社車両測位エンジニアリング取締役) 
  • Rodrigo Leandro ( SAPCORDA社バイスプレジデント兼CTO)
  • Aaron Nathan (   POINT ONE NAV社 代表取締役)
  • Danilo Sabbatini ( セプテントリオ社 、プロダクトマネージャー、補正情報サービス、GNSS/INS製品)

 

以下に詳細をご入力の上、当社の 無料オンデマンドウェビナーの動画とスライドをご覧ください。