ウェビナー

妥協のないGNSSモジュールテクノロジー

工業界や専門業界の大量消費市場において高精度GPS/GNSSの応用が増える中で、テクノロジーのインテグレーターはGNSSテクノロジーのさまざまな選択に直面しています。残念なことに、これらの多くのテクノロジーでは、ハードウェアやソフトウェアの設計において精度、性能、パワー、セキュリティなどの妥協が見られ、専門的な応用で統合する際にリスクが生じたり、予期せぬ将来的なコストにつながっています。Jackson Labs社、Artisense and Hitec社からゲストスピーカーを迎えています。

主な学習成果:

  •  「妥協のない」高精度GNSSモジュールについて理解する。
  • ミッションクリティカルな応用におけるレジリエンスの高いGNSSモジュールの重要性  
  • 超小型ハイグレードGNSSモジュールに親しむ  
  • 高信頼性・高レジリエンスGNSSモジュールを統合するユーザーからその体験とユースケースを学ぶ 

ウェビナーを再生する

 

GNSS/INSで新たな現実を構築する

GNSS/INSシステムは、信頼性の高い測位と正確な方位によって多数の応用分野に利用できるというさらなる利点を提供します。

最新の進展について学び、GNSS/INSの幅広い適用範囲と適切な選択について理解することができます。課題をソリューションに変えて、セプテントリオとAnalog Devicsのコラボレーションが生み出す利点について見てみましょう。

主な学習成果:

  •  GNSS/INSテクノロジーの可能性について学ぶ
  • ANALOG DEVICES(ADI) のテクノロジーと差別化要素について学ぶ
  •  INSの各クラスを理解する
  • 慣性センサーの性能の ポイントについて 学ぶ
  •  各ソリューションの利点を確認する

ウェビナーを再生する

 

GNSS補正情報について

GNSS受信機は、外部の補正情報に基づいてGNSSエラーを発生させたさまざまな欠陥を補正し、デシメートル単位またはセンチメートル単位の精度を達成します。GNSS補正における最新の進展について学び、適切な選択について理解することができます。  Sapcorda社、 Fugro社、Lear社、PointOne社からゲストスピーカーを迎えています。 各社が衛星や大気によるエラーをどのように取り扱っているのかについて学ぶことができます。

主な学習成果:

  • 補正情報サービスの動向を知る。 
  • 利用可能な補正情報サービスの違いを理解する。
  • 海洋産業が精度とロバスト性をどのように保証しているのかを学ぶ。
  • 各社が自律走行車両や新しい自律応用分野において補正情報の完全性、高精度、配信をどのように保証しているのかについて学ぶ。
  • PPP、RTK、RTK-PPP、SSRなどの測位モードの価値補正情報サービスの役割を理解する。

ウェビナーを再生する

 

GNSSハッキング、衛星信号からハードウェア/ソフトウェアのサイバーセキュリティまで

測位・航法・タイミング(PNT)信号の喪失やハッキングは、送電線や通信ネットワークなどのインフラだけに限らず、GNSSテクノロジーに動作を大きく依存する自律型デバイスなどにも壊滅的な影響をもたらす恐れがあります。このウェビナーでは、信号のハッキングからファームウェアのハッキングにいたるまで、GNSSシステムの各セキュリティ脅威について確認するとともに、ユーザー側とGNSSシステムのロバスト性を高めるために実装される宇宙サイバーテクノロジーについて取り上げます。LS Consulting社、BNSF Railway Co.社からゲストスピーカーを迎えています。   

主な学習成果:

  • GNSS受信機システムにおける最も重要なセキュリティ事項 
  • スプーフィングに対処するためのGNSS信号のアップデートとロードマップ(OSNMA & Chimera)
  • GNSSサービスの保護、強化、アクセス拡大の方法。
  • 信頼できないGNSSテクノロジーを使用した際のユーザーの応用におけるリスク
  • GNSSに依存するアプリケーションを保護するために使用するネットワークと受信機テクノロジー

ウェビナーを再生する

 

UAVの点検への応用における開発動向と課題

都市部の屋根点検作業からBVLOS(Beyond Visual Line-Of-Sight)の重要な作業にいたるまで、最新の革新的な監視応用について取り上げられています。都市部や地方における重要な商業応用における測位テクノロジーの各要件や課題を理解することができます。干渉やスプーフィングへの高まる懸念から生じた測位の信頼性における課題と、それらのリスクを回避する利用可能なGNSSテクノロジーに関する知見を深めることができます。    from Flying-Cam社、テキサス大学、Altametris社、 and Kespry社からゲストスピーカーを迎えています

主な学習成果:

  • ドローンによるエリアルインテリジェンスプラットフォームの保険および屋根敷設の応用における最新動向と課題
  • UAV BVLOSの安全な運用を目的とするGNSSテクノロジーの要件と規制の枠組みについて
  • 無人機航空管制システム(UTM)の重要性
  • 線形インフラストラクチャー点検のユースケース(鉄道、道路、送電線など)
  • 自律航空機に関するGNSSシステムの課題と高まる安全性への懸念  マルチGNSS受信機の電波妨害とスプーフィングに対するロバスト性
  • 点検への応用におけるGNSSテクノロジーの最新イノベーションとリアルタイムの精度・信頼性

ウェビナーを再生する

 

ドローン飛行から業務運営まで

このオンデマンドウェビナーでは、飛行プラットフォームへのセンサー統合の容易性とその商業目的での使用について取り上げます。    Sensefly社、 Airobot社、カリフォルニア大学からゲストスピーカーを迎えています。

主な学習成果:

  • さまざまな監視センサーやマッピングセンサーをUAVプラットフォームに統合する方法を理解する
  • 安全要求を満たすためのインテリジェントなセーフティコンポーネントについて学ぶ
  • 自律走行車ナビゲーションのための長期的なセルラー信号の進化について知る
  • GNSS信号が弱いときの対処について学ぶ
  • 高精度GNSSのビジネスへの利点について業界の意見を聞く

ウェビナーを再生する