自動車ADAS

自動車業界は進化を続けています。  セプテントリオが求めるのは、よりクリーンで、より安全、よりスマートな車両です。      これは業界のさまざまな方面で変化を推進しています。その一つがADAS(先進運転支援システム)です。ADASは、ドライバーによる運転を支援し、快適性と安全性を向上させます。        運転支援テクノロジーの開発は、完全自動運転への道を切り開いています。        

レーダー、LiDAR、カメラなどの多数の車載センサーが、車両の「知覚」として人の目の代わりとなって働きます。この知覚は人工知能とともに、予期可能か否かに関わらず、車両の周囲や動的・静的な障害物を認識します。   ADASでもう一つ重要なのは、車両の全地球測位、速度、向きに関する情報です。 高性能GPS/GNSS 受信機 は、慣性センサーとともに、自動運転に十分な精度と安全性を提供し、車両の「知覚」を補完します。      セプテントリオの自動車 - 注目の記事で、GNSSと検知センサーがどのように相互補完し、最適な自動運転性能を提供するのかを学んでください。       

セプテントリオは、多周波対応GPS/GNSSテクノロジーにおける専門性を活かし、安全な自動車ローカライゼーションにおいて信頼性の高いロバストなセンチメートル単位の測位を提供します。             

車線レベルナビゲーションにおけるセンチメートル単位の精度   

SSR(PPP-RTK)補正情報 および PPP補正情報は、多周波対応GNSS受信機によるセンチメートル単位精度での位置計算を可能にします。          

信頼性と可用性を高めるGNSS/INS  

セプテントリオのGNSS受信機は、慣性計測装置と連携して、困難な環境における測位の信頼性と可用性を高めるとともに、車両の3次元方位を提供します。             

整合性とロバスト性  

どうして自動運転がGPS/GNSS測位に依存できると確信できるのでしょうか?    その答えは、受信機の整合性インジケーターの監視にあります。現在の位置の不確実性を出力することにより、受信機はECUに計画操作の実行が安全かどうかを示します。      

セプテントリオの受信機は、高度干渉回避 (AIM+) テクノロジーを搭載し、無線干渉、電波妨害スプーフィングに対するベストインクラスのセキュリティを提供します。         

試験・検証で妥当性を確認  

航空など、その他の生命の安全にかかわる応用分野では、すでに数十年に渡ってGNSSが活用されています。 セプテントリオの受信機を実装するリファレンスネットワークの一つが、航空機離発着の管制システムに補正情報を提供するEGNOSネットワークです。