GNSS/GPS信号への無線周波干渉について必要な知識のすべて

GNSS/GPS信号への無線周波干渉の対処法

現在、GPSを代表とする全地球航法衛星システム(GNSS)は、まさに重要インフラの一つとしての地位を確立しています。   GNSS信号は非常に弱く、干渉に対して脆弱なため、他の無線信号がGNSS信号を妨害し、測位精度の低下や完全な位置情報の損失にいたることもあります。

下から20ページ構成のパンフレットをダウンロードして、無線周波干渉(RFIについて、そしてその対処法について学んでください。 GNSS信号への無線周波干渉について必要な知識をすべて得ることができます。

 

主な特徴

内容

  • 電波干渉がGNSS/GPS信号に与える影響
    異なる干渉源を含む電磁放射と無線周波スペクトラムについて説明します。 
     
  • 主要なGNSS/GPS測位性能指標
    欧州のGalileo、米国のGPS、ロシアのGLONASS、中国のBeiDouおよび日本のQZSSバンドなど一般的なGNSS衛星系と、これらのGNSSのRFスペクトラム上での位置、さらにGNSSの精度レベルについて説明します。 
     
  • さまざまなGNSS/GPS干渉
    広帯域ジャマー、多重狭帯域干渉、自己干渉など、さまざまな種類の干渉の違いについて説明します。  
     
  • GNSS/GPS干渉の対処法
    干渉は複雑なため、異なる方法で対処する必要があります。その第一歩はGNSS干渉を理解することです。 15年以上の歳月をかけて、セプテントリオは独自の干渉回避法を強化、精練してきました。その手法には、アダプティブノッチフィルタリング、パルスブランキング、独自の広帯域干渉回避が含まれます。これらとその他のアナログ・デジタル手法を連携させることにより、セプテントリオのAIM+(高度干渉回避)テクノロジーが生まれました。 

下のフィールドに記入して、GNSS/GPS干渉とセプテントリオの干渉ソリューションに関するパンフレットをダウンロードしてください。