UAVとロボット工学

偉大な二コラ・テスラは1898年、世界初の無人のリモートコントロール船"テレオートメーション"号を実演して、人々を驚かせました。この画期的な出来事から1世紀にわたり、無人システムは主に偵察任務を目的として軍により使用されていました。技術の進歩によって価格が下がるにつれて、無人システムの使用は軍事使用以外にも拡大していきました。

そのメリットは明確です。軽量、敏捷、無人というメリットを備えたUAVは、通常の飛行機では到達するのにコストがかかりすぎるか危険すぎる場所に行くことができます。農業従事者は作物の調査に、NGOは被災地での捜索救助活動に、イベントコーディネーターは大規模な音楽祭に集まる人々の監視に、そして自然保護活動家は危険な地域における絶滅危惧種の保護の強化に、無人システムを採用しています。 

無人システムはセプテントリオにとって重要であり、ここ数年で、特に無人システム内で使用するためのOEM受信機ボードを数多く設計し、開発しています。ロボットシステムへのGPS/GNSSの統合を促進するための、オープンソースのドライバーとハードウェアを提供しています。 

セプテントリオの無人システム航法ソリューションに関する詳細については、当社までお問い合わせください。

 

関連製品